test
スポンサーサイト
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

test
内藤大助 その後
 
内藤大助のその後が気になり、社内でも時々噂になっていた。
内藤大助、亀田興毅の試合に関する意見も、賛否両論。

試合内容に、スッキリとしない意見も多い。
内藤大助選手と亀田興毅の戦いは名勝負と言えたのだろうか?
ボクシング名勝負の真実(世界編)

どちらかと言うと、ボクシングを知らない娘達は「内藤選手の前向きな姿に感動した」
試合は終了したものの、内藤大助の引退と言う噂に、寂しいような気もしていた。
内藤大助のその後に、引退賛成説、反対説もあり、やはり賛否両論だ。

ボクシングに全く興味の無いが方達も、内藤大助と亀田興毅の試合中継に興味を持った。
視聴率から見ても・・日本が熱くなった一瞬だったんだろう。


ボクシングを続けるのは内藤大助選手本人なので、本人の気のすむようにするのが良いと思う。
そして、内藤大助のその後は、ボクシングを続ける事が分かった。
宮田ジムの宮田博行会長に現役続行の意思を伝えたことが1日に分かった。

亀田興毅に負けた時の内藤大助のホンワカとした嫁(真弓夫人の目が「再挑戦」と光っていた。
そして、真弓夫人は、宮田会長に「(ボクシングを)続けさせてください」と直訴したそうだ。

逆に、内藤大助の母(道子)さんは、試合直後すぐに「引退です」と言っていた。
親は子供のなぐられる姿は、見たくないので気持ちが分かる

そして、内藤大助のその後のスタイルがはっきりした。
試合後、進退問題を保留していたものの、続けることを決めた。
内藤は「家族のこともあるのでよく考えたが、もう一度ボクシングをやらせてもらいたい」と頭を下げたという。

12月2日に都内の病院で精密検査を受け、異常がなければ正式に会見を行い、現役続行を表明するそうだ。

内藤大助選手の情報によると、35歳という年齢から、次戦はノンタイル戦を挟まずに、いきなり世界戦になる可能性が高いそうだ。
宮田会長が2試合分の興行権を保持しているため、必然的に内藤の標的はWBC王者・亀田興毅となる。
直接の再戦はWBCがルールで禁じているため、再戦は興毅のV1達成が絶対条件となる。  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。